特級・一級・二級ボイラー技士とは

ボイラー技士の資格は、ボイラーの水位や燃焼状態の監視などを行って、安全にボイラーを動かすための免許です。特別ボイラー溶接士の資格とは、全ボイラー及び第一種圧力容器の溶接を行なうための免許なのです。特別ボイラー溶接士を受験するためには、普通ボイラー溶接士の免許をとったのちに、普通ボイラー溶接士の職業は、溶接部の厚さが25mm以下のボイラー(特別ボイラー溶接士よりも仕事が出来る範囲が限られています)や第一種圧力容器の溶接をするための資格なのです。普通ボイラー溶接士を受験するには、一定期間の溶接の経験が必要になります。

資格の時間のトップページ