公認会計士とは

公認会計士の資格は、企業の監査などを主な仕事としており、財務書類の監査証明及び調整、財務に関連しての調査や立案、相談などの仕事を行う会計の専門家として認めるための国家資格です。監査業務は公認会計士の独占業務なので、この資格を持つことは有利であると言えるでしょう。公認会計士の数的には、2004年3月時点で約1万5千人と少なく、将来的に5万人くらいに増加するという計画があります。この動きに伴うかのように、制度が変わったりして、社会の需要がある資格といえます。

資格の時間のトップページ