宅地建物取引主任者とは

宅地建物取引主任者の資格は、宅地および建物の取引業務になくてはならない資格です。賃貸などを契約する際に、不動産に関する重要事項の説明を独占的業務として行うことが可能です。説明しますと不動産会社において、法的な説明をしたり、サインをしたりするのは宅地建物取引主任者にしかできない独占業務となっています。不動産業界においては、各事業所に一定の割合で宅地建物取引主任者を置くことが義務づけられているので、この資格を持っていれば、不動産業界への就職がかなり有利になります。

資格の時間のトップページ