社会保険労務士とは

社会保険労務士は、企業で労働している方の「雇用・退職」「保障・保険」「賃金・年金」などに関する仕事の代理代行や相談業務および書類作成を企業に成り代わって行なう人を定める国家資格です。社会保険労務士は、労働問題(採用から退職まで)や社会保険の問題、介護に関するものや、年金など老後の生活設計の相談に乗ったり、労働者の権利を守る役目を担っています。

資格の時間のトップページ